2018年発売のiPhoneには、ギガビットLTEを採用!?

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏が、また新しいレポートを投資家向けに発行しています。

先日、同氏は2018年発売のiPhoneで現在の2×2MIMOアンテナから4×4MIMOアンテナへ移行することを予想していました。

今回のレポートでもAppleがiPhoneのアンテナ設計を高速のアンテナモジュールに変更するのは、LTE伝送スピードの向上の鍵となるからです。

来年のiPhoneがギガビットLTEえを採用するかどうかのポイントは、Intel製のギガビットLTEをサポートしたモデムの量産が順調に進むかどうかと4×4MIMOアンテナの搭載です。

同氏は、来年のiPhoneは4×4MIMOアンテナをサポートし、サプライヤのCareerが50%を供給するとしてます。

Qualcomm製のモデムを使えば、ギガビットLTEは問題ないのですが、注目の2018年は特許AppleとQualcommの紛争のため、Intel製を増やしQualcomm製と混在すると見られています。2019年からは通信モデムはすべてIntel製になると見られています、

日本ではドコモは、2018年からギガビットLTEを提供すると発表しています。日本での5G通信の提供は2020年になる予定です。

(via 9 to 5 Mac