Apple、2019年発売のiPhoneのリアカメラに3Dセンサーを搭載しARに活用!

Appleが、2019年発売のiPhoneのリアカメラに3Dセンサーを搭載する予定だとBloombergが伝えています。

iPhone XのTrueDepthセンサーは、3D顔認識のFace IDに利用するもので、30,000個のレーザードットのパターンをユーザの顔に投影し、歪みを測定して認証のための正確な3D画像を生成する構造化光技術を利用しています。

しかし、2019年のiPhoneに搭載されるセンサーは、レーザーが周辺物体から跳ね返ってくる時間を計算して3次元画像を作成するもので、Face IDほどの精度を要しないため、量産化がしやすいとのことです。

Appleは、リアカメラの3DセンサーとARKitソフトウェアフレームワークを組み合わせて、AR(拡張現実)のアプリケーションの作成に活用する見込みです。

既にAppleは、リアカメラと3Dセンサーについてインフィニオン、ソニー、STマイクロエレクトロニクス、パナソニックなどのサプライヤーと話し合いを始めているとのことです。

(via MacRumors