iPhone Xの部品コストは「357.50ドル(約40,600円)」と見積もり

Reuterが、TechInsightsによるiPhone Xに使用されている部品の推定コストについて報じています。

それによると、iPhone Xの64GBモデルはオンラインストアで999ドル(円換算で約114,000円、日本での販売価格は112,800 円:税別)で販売されています.

その部品など製造コストは357.50ドル

)で、iPhone Xの売上総利益率は64%となっています。これはiPhone 8の売上総利益率59%を上回っています。

iPhone Xのコンポーネントのいくつかは、iPhone 8のものよりもかなり高価です。具体的には5.8インチのエッジ・エッジディスプレイは、推定65.50ドル(約7,500円)の費用がかかり、iPhone8の4.7インチ・ディスプレイの36ドル(4,100円)と比較してかなり高価です。

iPhone Xのステンレススチールシャーシの価格も推定36ドル(約4,100円)で、iPhone 8用の21.50ドル(約2,400円)に比較して、これもかなり高価です。

先日、iPhone 8 Plusのコスト分析をしたIHS iMarkitは、同モデルの部品を247.51ドル(約28,100円)ドルと見積もり、組み立てなどを含めると288.08ドル(約32,800円)になると予測しています。

今回のようなコスト分析には、Appleの研究開発、ソフトウェア作成、広告、配送などのiPhoneに関わる他の製造コストは反映していません。

ティム・クックCEOは、これまで正確なコスト分析を見たことがないと言うことで、実際は大領受注によりもっと安い製造原価を達成しているのかもしれません。

(via MacRumors