Apple、「Apple Watch(第1世代)」の裏蓋がはずれる問題に対応し保証期間を3年に延長!

Apple Watch(第1世代)において、接着の問題で裏蓋がはずれる問題が発生しています。

今回、裏蓋がはずれる問題に関する保障期間の延長については、すべてのApple Watch(第1世代)が対象となっていて、1年間の保証期間やAppleCare+による延長保証期間が終了していても、購入日から3年以内であれば対象となります。

Apple Watch(第1世代)は2015年4月に発売開始され、Apple Watch Series 1とApple Watch Series 2が発売された2016年9月まで販売されました。

この不具合については、すでに昨年の10月4日にDarling FireballのJohn Gruber氏がTwitterで接着剤の問題を指摘していて、Appleのサポートコミュニティでも話題となっていました。

Gruber氏は、上記のTweetでその当時開発が噂されていたApple Carについての皮肉も込めてApple Watchの接着剤について述べています。

Apple Watch(第1世代)を使っていて裏蓋がはずれた方は、Appleサポートへの連絡をオススメします。

(via MacRumors