Samsungの2017年度第2四半期決算、iPhone用コンポーネントによって過去最高の営業利益を達成

Samsungの2017年度第2四半期の利益は、前年同期比72%増の約14兆ウォン(約約1兆3,800億円)と予想されており、さらにロイターは、Samsungの第3四半期決算ははApple向けのOLEDディスプレイの出荷により営業利益が15兆ウォン(約1兆4,800億円)を超えると予想しています。

来年発売のiPhoneはすべてがOLEDディスプレイになることが予想されるため、Samsungの営業利益はさらに増加する可能性が高いといえます。

また、iPhone用の3D NANDチップについて東芝やSKハイニックスからの供給が思うように増えないため、Appleは資金力に物を言わせてSamsungをサプライヤーに加えて優先的に供給を受けるという情報が流れました。

Samsungのメモリやディスプレイのコンポーネント事業は、(iPhoneのライバルとなる)Galaxyなどの完成品よりも収益性が高いため、AppleのiPhone 8の人気がSamsungの営業利益を増加させるという皮肉な結果になりそうです。

(via 9 to 5 Mac