グリーピース、Apple・Samsung・LGに「修理しやすくて長く使える地球に優しい製品を作ってください!」という請願キャンペーンを実施

グリーンピース請願

環境保護団体のグリーピース(Greenpeace)が、Apple・Samsung・LGに「修理しやすくて長く使える地球に優しい製品を作ってください!」という請願キャンペーンを実施し、ウェブサイトで署名を募っています。

グリーンピースは、洗濯機や冷蔵庫に比べて携帯電話は2年程度しか使えないことや修理がし難いことに疑問を呈しています。

グリーピースは、スマートフォン、タブレット、PCのそれぞれでiFixitの修理のしやすさのスコアを使用してランキングしています。

iPhone 7は、7点/10点でまずまずですが、iPad 5は2点/10点、MacBook Pro(2017)Retinaにいたっては1点/10点で最低です。

グリーンピースはこのキャンペンについて以下のように説明しています。

近年、テクノロジーの「賞味期限」が短くなっています。アップル、サムスン、LGといったIT企業が、長持ちしない製品を作っているからです。しかも、製品の修理は難しいし、高くつく。保証期間がなかったり、あっても短期間。そして修理マニュアルやスペアパーツの提供もナシ。企業は、ある一定期間の使用で時代遅れになるような、短命の製品を提供しているのです。
そのため、私たちは必要としてなくても、高価な新製品を買わされることになります。
高いお金を払って買うのですから、長持ちするべきじゃないでしょうか?
でも、この問題には、次の解決策があります。
IT企業が、修理しやすく長持ちする製品を作ることは、電化製品による環境負荷を減らすためにとても重要な一歩です。すでに私たちが持っている製品も、できるだけ長く使い、壊れたときにはそれを修理することで、地球の有限な資源を守ることができます。
私たちが力を合わせれば、システムを変えることもできます。世界中の数千万人の仲間と一緒に、IT業界をリードするアップル、サムスンといった企業に、テクノロジーを捉え直して、より長く使えて資源を浪費しない、地球に負荷を与えない製品をデザインするよう働きかけませんか?