iPhone 8には3Dセンシングモジュールが搭載され、生体認証やARアプリに活用との情報

BlueFin Research Partnersによるレポートで、iPhone 8のコンポーネントのサプライヤとして3Dセンシングモジュール用のFinisarとLumentum、ワイヤレス充電コンポーネント用のBroadcomが含まれていると述べています。(via Barron’s

LoupVenturesによると、Phoneカメラの部品供給業者であるLargan Precisionが、直接、AppleとiPhoneに直接言及しませんでしたが、2017年の後半に3Dセンサーモジュール用のレンズを出荷することを確認したとのことす。またFinisarがVCSEL(垂直共振器面発光レーザー)のサプライヤの一つになることを確認したと言います

このような事実は、iPhone 8に3D検出モジュールに実装され、次世代iPhoneのVR(拡張現実)技術に役立てられるのではないかと見られています。

Lumentumは、3Dセンシングに利用されるVCSELレーザーの量産出荷が2017年の後半に始まることを発表しました。FinisarもVCSELレーザーを第4四半期に数百万ユニット出荷し、将来的には1億ユニット以上になると予想しています。

その他のメーカーが生産するVCSELもほとんどがApple用に生産されるとBlueFin Research Partnersと見ています。

LoupVenturesはさらに、大幅に更新されたiPhone 8には、フロントフェイスには、ローエンドVCSELレーザーが使用され、リアフェイスのハイエンドVCSELレーザーが搭載されルと予想しています。これは、ARアプリケーションがいずれのカメラでも利用できることを意味しています。

Phone 8にはリアのデュアルレンズカメラが搭載されるため、2枚のレンズ間の距離を広げる、視点の違いを大きくして、AR体験をより優れたものにします。

3Dセンシングモジュールの搭載により、iPhone 8は100ドルのコストアップが見込まれます。
その他にも、OLEDディスプレイやワイヤレス充電が搭載されるため、最終的にはかなりのコストアップが予想されます。

(via MacRumors