「macOS High Sierra」が32ビットアプリケーションをサポートする最後のOS

iOS 11は32ビットアプリケーションに非対応で、32ビットアプリは起動しないと言うことが明らかになっています。

macOS High Sierraにおいても、WWDC 2017(Worldwide Developers Conference)の基調講演で、「32ビットアプリケーションをサポートする最後のmacOS」となると開発者に述べました。
これにより、2018年1月から、Mac App Storeに提出されるすべての新しいアプリは64ビットでなければならなくなりました。

また、既存アプリのアップデートに関しても2018年6月までに64ビット化しなければならないとのことです。

今後、Macにおいても32ビットアプリケーションの起動時にiOSアプリで表示されたように警告文が表示されると思われます。

(via MacRumors