Apple、世界第4位のソフトウェア開発企業「SAP」との提携を発表

1024px-SAP_2011_logo.svg

Appleが、世界第4位のソフトウェア開発企業「SAP」との提携を発表しています。
「SAP」は、ドイツの企業で、HANAというデータベースを高速処理するインメモリ紺ピューティンで有名です。

「SAP」は、企業向けソフトウェアに強いため、Appleは、「SAP」と提携で企業内で利用するiPhoneやiPad向けのビジネスアプリの開発を進めるとのことです。

→Apple & SAP Partner to Revolutionize Work on iPhone & iPad