Apple、「QuickTime 7 for Windows」のサポート終了を正式にアナウンス

QuickTime 7 for Windows

Appleが、公式サポートページで「QuickTime 7 for Windows」のサポート終了を正式にアナウンスしています。

「QuickTime 7 for Windows」については、先日、トレンドマイクロが、「QuickTime for Windows」の深刻な脆弱性にAppleが対応しないことから削除を推奨していました。

サポート文書の内容は以下の通りです。

Apple では、QuickTime 7 for Windows のサポートを終了いたしました。2009 年以降の新しいバージョンの Windows には、H.264 および AAC など、QuickTime 7 に対応した主要メディアフォーマットのサポートが組み込まれています。現行の Windows Web ブラウザはすべて、ブラウザプラグインがなくてもビデオ再生に対応しています。Windows パソコンで QuickTime 7 が不要になった場合は、こちらの記事の手順にそって、QuickTime 7 for Windows をアンインストールしてください。

Appleサポート → QuickTime 7 や QuickTime 7 Pro についてわからないことがある場合