Apple、iPad用のディスプレイ発注をSamsungからシャープ・LGへシフト

アップル — 新しいiPad — 外も中も、鮮やかに優れています。

Digitimesが、台湾ベースのサプライチェーンからの情報として、新しいiPadとiPad 2の液晶パネルの出荷台数は、第3四半期には1,950万台に達するとしています。

また、Appleは、新しいiPadの(液晶パネル等の見直した)新バージョンをリリースするために、在庫を調整として7-8-月にパネル出荷を減らし、9月に増加させる予定です。

iPadの液晶パネル供給は、シリコンTFTが減少し、代わりにシャープ製の酸化物半導体TFT(IGZOディスプレイ)が増加してます。従って液晶パネルは、これまでのSamsung製が減少し、シャープ、LG製が増加しているとのことです。

関連記事→「iPhone・iPod Touch・iPad mini、iPad (第4世代) ・ケースの新情報」

Last Updated on 2016年4月25日 by M林檎

コメントを残す