ドコモ社長、Appleが要求するiPhoneの販売ノルマについて、その一端を明かす!

6a0120a590293d970b0162fc783139970d-500wi 2
凋落傾向が続くドコモの株主総会(6月19日開催)において、株主からiPhoneの販売を求められましたが、山田社長(現相談役)が「今年度のスマホの販売計画1300万台の半分以上、アイフォーンを売ってくれと(米アップルに)言われる可能性が高い」として、発売に消極的な発言を行いました。(産経ニュース)

これまで何度か水面下でAppleとiPhoneの販売について交渉したと噂されていましたが、ノルマの一端が明かされたのは初めてです。

販売台数1300万台の半分をノルマとして求められているとすると、ドコモによるiPhone販売は当分の間なさそうです。あるとしたら、ドコモがもっと追い詰められてからでしょう。

Last Updated on 2016年10月22日 by M林檎

コメントを残す