Googleが、iOS版Chromeブラウザを開発中!

~ IMG_0235


Googleは、iOS版Chromeブラウザを開発し(iOSアプリ市場で圧倒的優位の)Safariと競合させるつもりのようです。(AppleInsider) Macquarie Equities Researchによると、ChromeがApp Storeに登場するのは今年の第4四半期になるようです。

これまでAppleは、iOSアプリとして承認するブラウザは、WevkitというAppleが開発したオープンソースのウェブエンジンを搭載する必要があるとして、それ以外のブラウザは承認していません。ただし、Opera miniブラウザのように、外部のサーバー上でレンダリングを行う場合は別です。

Webkitに関しては、すでにGoogleがリリースしているWindows用、Mac用、Android用のChromeブラウザはWebkitを登載しているため、iOS版は簡単にリリースできそうです。

すでにGoogleは、上の画像のようにほとんどブラウザと呼んでもいいようなiOSアプリをリリースしています。それは、様々な機能がパッケージされているiPad用のGoogleアプリです。このアプリを立ち上げて、「アプリケーション」を選択し、検索用のボックスに検索したい文字列を入れて、検索すると、まさにブラウザとして動作します。

Macquarieのアナリスト、Ben Schachterは、Googleのデスクトップ版によって、Googleは検索にかかるトラフィックを「著しく」減少できさせることができたと述べています。iOS版もそれを期待しているのでしょうか。

今年後半のリリースが楽しみですね。

Last Updated on 2015年5月22日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。