次期iPhoneのリリースを控え、AppleがiPhone 4Sの発注量を大きく減らしている

Iphone4spr-111004-2
Sterne AgeeのアナリストShaw Wuによると、サプライヤーを調べて結果、第1四半期におけるiPhoneの受注量が、20%〜25%減少しているとのことです。これらの減少幅が維持された場合、第2四半期の出荷量は2600〜2800万台になり、ウォール・ストリートの予想、3000〜3100万台を下回ると述べています。(AppleInsider)

受注量減少の理由は、9月〜10月にリリースされる見込みの新iPhone発売によるものだとしています。要するに6月のWWDC開催後、現行モデルの売れ行き減少することに備えて、在庫調整を行い始めているということでしょうか。

Last Updated on 2015年5月22日 by M林檎

コメントを残す