新しいiPadのWi-Fi受信感度が悪いとの一部ユーザーの不満とその解消法

  IMG_0078-1

 アメリカのAppleのサポートコミュニティのフォーラムなどで、新しいiPadのWi-Fi感度が、iPad 2に比べて悪くなったとの不満が、一部ユーザー寄せられているようです。

この問題は初代iPadでも起こり、iOSのアップデートで解消されました。今回の不具合もソフトウェアの問題のようで、次回のアップデートで解消されると思われますが、毎日使うiPadなので、悠長に待って入られません。

OS X Dialyが以下のような解消法を掲載しています。

「設定」→「一般」→「ネットワーク」→「Wi-Fi(接続しているネットワークの名称)」→「ネットワークの選択」の現在接続しているネットワークの青ボタン」→「このネットワークの設定を削除」で設定を削除します。全画面に戻り、iPadが再度Wi-Fiに自動接続するのを待ちます。自動接続されればOKです。(たまに認識せず、再設定しなければならなくなります)

これでダメならば、もう一つの方法を試します。

「設定」→「一般」→「リセット」→「ネットワークの設定をリセット」でWi-Fiのリセットを行います。この場合、Wi-Fiの再設定が必要です。

Last Updated on 2016年11月20日 by M林檎

コメントを残す