Appleは新しいiPad(第3世代)の発売日に100万台の販売を見込む?

Piper JaffrayのアナリストGene Munsterは、Appleが新しいiPad(第3世代)の発売日に100万台の販売を見込んでいると、月曜日に投資家へのメモで述べています。

また、ウォール·ストリートのウォッチャーは、Appleは現1−3月期に約1,100万台のiPadを販売することを期待しているとしています。また、この1日100万台の販売が、1−3月期の販売予測を超えることに大きく貢献するだろうとしています。

Appleは初代iPadの発売日に30万台以上を販売しましたが、iPad 2の時は供給の制約から(期待していた台数を販売できず)販売台数を明らかにしていません。

今回の新しいiPadの予約注文は、Appleが予測していた以上にユーザーの反響が大きいようです。

関連記事→Appleの広報担当者が「新しいiPadに対する消費者の反響がとても大きい」と発言!iPad 2の販売記録を塗り替えるのか?

Last Updated on 2016年4月25日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。