新しいiPad(第3世代)のベンチマーク結果!メインメモリは1GB、CPUは1GHzで動作。

早くも新しいiPad(第3世代)のベンチマーク結果が公表されました。公表したのはベトナム国内のTinhteというサイトです。

比較のため、筆者のiPad 2のベンチマーク結果(左)と新しいiPad(第3世代)のベンチマーク結果(右)を並べてみました。両方ともGeekbench 2で計測しています。

その結果を見ると、CPUはiPad 2がA5で、iPad 2がARMv7と表示されています。確かiPad(第3世代)はA5Xのはずですが、ベースとなるARMの名称が表示されています。クロック周波数は両方とも同じ1GHzです。従って、CPUの演算速度のポイントは764対756で互角です。(計測する度に多少の違いが出ます)

異なるのはメインメモリです。iPad 2の503MBから988MBへと倍増しています。

GPUの能力差は不明です。Appleの発表イベントにおける説明では、2倍の性能になっています。

Last Updated on 2015年10月10日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。