サムスン証券からiPad miniに関する文章が流出?2012年第3四半期に出荷?

OLED-Display.netがサムスン証券から流出した文書を入手し、それによると、Appleが2012年の第3四半期に7インチディスプレイ搭載のiPad miniをリリースすることを計画し、AMOLEDパネルに興味を持っていると伝えています。(AppleInsider)

サムスンの匿名ユーザーから文書を入手したのは2011年の12月ですから、ほぼ3がヶ月前のことです。

AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)に関するリサーチノートでアナリストのJungHoon Chang氏が、iPad 3が2012年の第1四半期にリリースされると述べた際に、同時にAppleが第3四半期にiPad minと呼ばれる7インチディスプレイのタブレットをリリースし、それには高解像度のIPS液晶パネルが使用されるとしています。

加えて、SHARPはiPad 3用のIFZOディスプレイの大量生産に成功していない可能性があることも報告し、Appleは今後のiPadでサムスンが開発したフレキシブル・ディスプレイを搭載することもできるとしてます。

5329009271_3db58aec03

(写真:OLED-Display.net)

7インチiPadについては、2010にジョブズ氏が小さすぎるとしてリリースを否定していますが、AmazonのKindle Fireの成功など情勢が変化しています。

正式にリリースされるかどうか分かりませんが、Appleが試作機を作り、(市場の状況変化によっては)いつでも量産できるように内部でテストしていることは、ほぼ確実です。

関連記事→7インチ・ディスプレイのiPadをジョブズが否定! 7インチ・サイズは中途半端なのか?

Last Updated on 2016年5月17日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。