サーバーログにAppleキャンパスからアクセスしたiOS 6.0のiPadを発見!

Ars TechnicaがサーバーログにAppleキャンパスからアクセスしたiOS 6.0のiPadを発見しました。(MacRumors)

Ars Technicaでは、ブラウザのユーザーエージェント文字列は偽装できることから、IPアドレスによってAppleのクパチーノキャンパスからアクセスされたログだけを抽出しいます。

そのログによるとAppleは、現在iOS 6.0を登載した(ように見える)iPadでウェブサーフィンしています。
iOS 6.0以外にもiOS 5.0やiOS 5.1のアクセスを確認。ブラウザのエンジンはWebKit 534.46、WebKit  535.8です。

その他にもGoogle Analyticsによるアクセス解析でディスプレイ解像度 2048×1536のデバイスのアクセスがあったとのことです。(iPad 3以外にこの解像度のデバイスは知られていません)

2048x1536-4f51021-intro

iPad 3において、2048×1536の解像度でウェブを表示するとあまりにも小さすぎるので、現在のRetinaディスプレイを搭載したiPhoneと同様(960×640の代わりに480×320で表示)、1024×768の解像度を利用するはずです。

Last Updated on 2017年8月11日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。