iPhoneは13歳の少女が時給48円で作っているのか?それともティム・クックCEOが言うように未成年はいないのか?

~ FOXCONN

ゆかしメディアが、米アップルの下請問題を取材するジャーナリストのマイク・デイジー氏の記事を報じています。

それによるとiPhoneサプライヤーのフォックスコンは、中国の深セン工場で未成年の少女を働かせているとのことです。少女たちは長時間労働を強いられ、1日16時間労働、時給48円でiPhoneやiPadを作っているそうです。

先日、Appleは2012年の 「Supplier Responsibility Progress Report」を公表し、サプライヤーの労働環境改善に務めていると発表しました。その中で最終組み立てのサプライヤーを調査した結果、未成年労働者は確認できなかったとしています。(確認できないと表現し未成年がいないとは言っていません)

もしもマイク・デイジー氏の記事が事実ならば。Appleは厳しく責任を問われそうです。

関連記事→Appleのティム・クックCEOがサプライヤーに関する報告書を公表し、サプライヤー従業員の労働条件改善などの進捗状況を従業員にメール!