【iPhone小ネタ】iPhoneのフィールドテストモードで電場受信状況を数値化する(5本のバー→数値)

~ xth_IMG_3299

iPhoneには、発売前のテストや発売後の不具合の際にフィールドテストするためのモードが備わっています。(公表はしていないので隠しモードです)

今回は電波受信状況を5本バーの代わりに数値で表示する方法の紹介です。特に今まで問題は生じていませんが、あくまでも自己責任で行ってください。

方法は、電話アプリで「*3001#12345#*」と入力して発信ボタンを押します。実際の発信は行われず、フィールドテストモードになり、電波状況が数値化されます。

~ th_IMG_3292

数値は-51から-121の間で表示されます。-51(最高の状態)から-101までが5本の状態です。あとは-121までだいたい-5刻みです。

このモードはメインボタンを押すと終了し、もとの5本バーに戻りますが、ずっと数値化したいとか、バーと数値を切り替えて使いたいという場合は、ちょっと作業が必要です。


(戻し方が今のところ分からないのでバックアップをとっておいて、戻したい時に復元することをお薦めします。私の場合は戻していません。今のところ特に実害はありません)

方法はフィールドテストモードに入った状態で電源(スリープ)ボタンを長押しし、「電源オフ」の赤いボタンを出てくる状態にします。電源ボタンの手を離し、メインボタンを長押しします、すると通常の画面に戻ります。

これで固定化終了です。電波のところをタップすると数値とバーを切り替えて使うことができます。

~ th_IMG_3295
今回の情報はnanapiさんのサイトを参考にさせていただきました。