iPadは魔法のタブレット!? 老人ホームで認知症の改善に活躍!

H64965945
アメリカのフロリダにある退職者センターでiPadを使って高齢者の若さを保つパイロットプログラムが実施されています。

ディスプレイが大きく軽量なiPadでのパズルやチェス・ゲームなどをプレイすることにより、驚くほど認知症の改善に役だっているとのことです。

フロリダ州、ウィンダーガーデンのヘルスセントラルパークにある老人ホームでは、流動食を摂る99歳のある老人はiPadアプリの「おしゃべり猫トム」で元気づけられています。

Talking Tom Cat


トムがミルクを飲むと、それを見ていた老人もミルクを飲むという効果が現れています。

また、孤独にしていた88歳の元肉屋さんは、iPadをブラックボックスと呼び、iPadによって他人との交流が生まれました。彼は「Memory Game」という神経衰弱ゲームをやって、初めて勝ったことに喜んでいるとのことです。

A Memory Game
iPadは「ゆりかごから墓場まで」人間を楽しませてくれたり、仕事をたすけてくれたりと本当に「魔法のタブレット」ですね。

→Orlando Sentinel→Cult of Mac