【iPhone・iPadアプリ】大震災で証明されたディズニーランドのスゴさ!その秘密が分かる電子書籍アプリ「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」

Itunes-disney0

3月11日の大震災の夜、ディズニーランドでは約2万人の人が、交通機関の麻痺のために帰宅できず一夜を過ごしました。不安な来場者に対応したのが、多くがアルバイトのキャストと呼ばれる従業員たちです。震災直後から、キャストは、お客様を大切にすることを忘れず、独自の判断で行動したと言われています。

落下物から子供たちの頭を守るために、ショップのぬいぐるみを無料で配布するだけでなく、ショップのお菓子を非常食として活用しました。(後に大量に備蓄している非常食が配布されました) それも上からの指示ではなく、キャストたちが判断して取った行動と言われています。

そのディズニーランドのサービスや経営について書いた本はたくさんありますが、この電子書籍は著者自身が働いた体験をもとに書いているので、より説得力があるような気がします。

Itunes-disney1

内容は以下の通りです。

 「目次」

「夢と魔法の王国」は大切なことを教えてくれる「魔法の学校」―― まえがき

第1章 「働く」って、こういうことなんだ

・ディズニーランドで働き始めたのは、ほんの軽い気持ちから・「怒る」のではなく「叱る」ということ

・ミーティングとは話し合いでなにかを決めること。評論家は要らないんだ

・たとえアルバイトでも、仕事は仕事なんだ

・ユニフォームを渡してくれる「魔法使い」

・仕事には、時給で考えなくてはならないものと、そうでないものがある

・必要なのは実際にできること

【 「大切なもの」を本当に大切に思うこと 】

第2章 「教える」って、どういうことなんだろう

・最初に受けた感動は絶対忘れないんだよ

・教えないことが逆にトレーニングになることもあるんだ

・白さんとのはじめての出会い

・怒鳴ったり叱ったりすることだけが指導じゃないんだ

・いちばん大切なものだけでいいんだよ

・小さいことでも見逃すと、そこからバラバラになっていくんだ

・気がついたら必ずそのときに伝える

【 一緒に考えることが大事なんだ 】

第3章 「本当のサービス」って、なんだろう

・“一握りの勇気”も大切なサービスなんだ

・本当にお客様を大切に思うなら

・「うまくなる」よりも大事なこと

・ゲストの「楽しい思い出」を大事にしたい

・サービスは掛け算なんだ

【 いま目の前にいるゲストに全力で接すること 】

第4章 テーマパークはいろいろなことを教えてくれる

・自分のいっていた「サービス」って

・本当の自分と直面させられる

・一人ひとりにそれぞれのストーリーがある

価格は350円です(5月22日現在)

App Store>>社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった

Last Updated on 2015年5月28日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です