なぜジョブズはFlashを毛嫌いし、iOS(iPhone・iPad)でFlashをサポートしないのか。

Adobe-flash-9-logo-1

電子書籍アプリ「アップル VS. グーグル」が期間限定で600円から350円に値下げされていたので購入してみました。

その中に、なぜAppleがFlashを毛嫌いするのかが分かりやすく記述されていたので、以下にまとめてみました。

  Apple vs google1

 Flashが1社の技術であり、アドビが開発を止めれば、将来、見ることのできないコンテンツになってしまうこと。

  • Youtubeなど多くの動画がFlashでなくても閲覧できるようになっていること。
  • セキュリティーに問題があることやモバイル端末でのパフォーマンスが悪いこと。
  •  Flashが効率的なグラフィックプロセッサーを使わず消費電力の多いCPUを使用するため、バッテリーの消耗が早いこと。
  • ロールオーバー機能など、動作がタッチ操作に最適化されていないこと。
  • Flashがプラットフォームに依存しないミドルウェアであるために、AppleはOSのアップフレードについて、いつも互換性を考えなければならない。要するにOSの開発についてAdobeの動向に左右されてしまうこと。

 Appleの言い分もよく分かりますが、Androidが実装しているのに、なぜiOSではできないの? という素朴な疑問が消えませんね。

App Store >> アップル VS. グーグル

 

Last Updated on 2015年5月18日 by M林檎