【iPad・iPhoneグッズ】リュウド アールボードフォーケイタイRBK-2200BTi (Bluetoothキーボード HID、Mac用US配列)の使用感

Ryudo1

コンパクトで持ち歩きができるBluetoothキーボードが欲しいともって、物色したところ、やっぱりリュウドのキーボードに行き着くことになりました。

早速Amazonで購入しました。
パッケージの中身は折りたたみ式のキーボードと収納ケースと簡単な説明書です。キーボードに単4電池2本を入れて、ファンクションキーとBluetoothキーの両方を長押しすると、ペアリング(初回使用時のデバイス相互認識)が始まります。iPadやiPhone側の設定画面でBluetooth機能を予めオンにしておいて、キーボードが認識されたらタップすると接続は終わりです。

いとも簡単に接続はします。
キーボードの強度は全体がプラスティックなので、それほどでもありませんが軽量化に貢献しているのでOKでしょう。使用する上での支障はありません。以前、別のデバイスでターガスの折りたたみ式キーボードを使ったことがありますが、外側が金属製で頑丈な分、少し重いなあと感じました。

Ryudo2

キータッチはどうかというと、コンパクトなキーボードですから多くを望むことはできませんが、ピッチもストロークもノートPC並に確保されていて支障はありません。折りたたみ式という構造上の問題から、打鍵時にはキー自体が出す音以外に机の上での震動音があります。しかし、これも我慢できる範囲内です。

ちょっと、不満なのはiPhoneともペアリングしていると、iPadを使うたびにiPadの設定画面で認識させなければならないことです。これを解消するためにiPhoneの設定画面でBluetoothデバイスから削除するしかありません。このキーボードを自動的に認識させたいならば、iPadとiPhoneのどちらで使用するかを決めて、片方とだけペアリングするようにしたほうがよさそうです。

他にスマートフォン用のスタンドが右側上部に内蔵(引き出し式)されているので、iPhoneなどを使って入力する際には別途スタンドを用意する必要がないのもメリットです。

Ryudo3

総合評価としては、かなり使えるキーボードだということです。

これでiPadやiPhoneでの長文入力が可能になりました。この原稿もリュウドのキーボードを使って入力しましたが、日本誤変換の悪さ以外(これはキーボードのせいではありません)ストレスを感じることはありませんでした。

 

 

Last Updated on 2016年10月28日 by M林檎