iPadのキーボードドックは買いか? それとも見送り?

Keyboard_dock

iPadでテキスト入力をしようと思うと、仮想キーボードだけではスピード面で不満が出てきそうです。

私自身は仕事で文章を作成することが多いですし、自宅や出先で開いた時間を使ってブログの記事を打ったりするので、多少、携帯性が損なわれますが、キーボードが必需品です。

仮にいつも仮想キーボードでiPadのガラス画面を打つとしたら、指の関節を痛めてしまいそうです。

なのでメモなどの簡単な文章の時は仮想キーボード、長文は外付けのハードウェア・キーボードという使い分けが懸命だと考えています。

その際に、候補となるのが純正のキーボード(Keybord dock)です。使いながら充電もできるので一見便利そうですが、問題があります。

(もちろんケースを使う人はケースから外さないいけないので現実的な選択ではありません)

それはメーラーなどのソフトが基本的に横画面でないと分割画面にならないことです。これは結構大きな問題です。iPhoneは画面の広さの関係上、メール一覧を見ながら画面を変えずにつぎつぎに表示することが出来ませんでした。これがiPadでは分割画面が採用されたことで、表示できるようになり、iPadのウリの一つでした。縦画面で使用する場合はイチイチ、プルダウンメニューを押して見ていかなければなりません。

根本的な問題ですが、プルダウンメニューがキーボードの下矢印でドロップダウンとならないことです。従って、画面にタッチするしかありません。アプリやウェブの設計によってはたびたびタッチしなければならないかもしれません。そうならば、手を大きく移動させなければならず、ストレスがたまります。

今のところ実機で試したことがないので、明確なことは言えませんが、縦に固定よりはBluetoothキーボードで縦横自由に使う方が便利じゃなないでしょうか。

価格も$69とちょっと高めです。

Last Updated on 2010年5月6日 by M林檎