Appleが独占禁止法違反で司法当局から捜査を受ける可能性。

Jobs3


ニューヨークポストのウェブニュースによるとAppleが司法当局から特選禁止法(反トラスト法)違反の疑いで、質問を受けているとのことです。

According to a person familiar with the matter, the Department of Justice and Federal Trade Commission are locked in negotiations over which of the watchdogs will begin an antitrust inquiry into Apple's new policy of requiring software developers who devise applications for devices such as the iPhone and iPad to use only Apple's programming tools.

Read more: http://www.nypost.com/p/news/business/an_antitrust_app_buvCWcJdjFoLD5vBSkguGO#ixzz0mvw0lEx8

理由はiPhoneとiPadアプリの開発において、自社の開発環境で開発するよう求めている新しい方針についてだそうです。

開発者を囲い込むため、クロスプラットフォムでの開発を防ぐため、グロスコンパイル方式の開発を禁じると発表しましたから(CNETの記事)、そのあたりの方針が引っかかっているでしょう。

最近のAppleには以下のような不可解で強引な判断が多いので心配です。

● フラッシュをサポートせず、フラッシュを排除

● クロスプラットフォームの開発禁止

● iPhoneアプリの審査基準の不明朗さ

● 量販店でのApple製品の通販中止

しかし、Phone用のOperaが配布されるなどAppleの牙城も一部崩れてきています。これはOpera側は法廷闘争に慣れていて、すでにPC用ブラウザの選択画面の搭載などヨーロッパでインターネットエクスプローラーの牙城を崩すことに成功しているため、iPhone用のOperaの公認に反対してもヨーロッパで法廷闘争を起こされれば負けてしまうからだと言われています。

開発環境の件でも同様のことが起こるかもしれません。

Last Updated on 2017年5月31日 by M林檎