ティム・クックCEO、英語よりもプログラミングを習得する方が重要と発言

Appleのティム・クックCEOは、今週フランスを訪問しマクロン大統領などと教育や税金について話し合いを持ちました。 ティム・クックCEOは、児童や青少年への「Swift」によるプログラミングの普及に努めていて、それが貧困の解消につながると考えています。(もちろん、Appleの開発した「Swift」 …

記事全文を見る>> 

米時間の10月5日は「スティーブ・ジョブズ」の命日、彼はiPhone 4Sの発表を見届けてから亡くなった。

どちらかと言えば、Appleの元CEO、スティーブ・ジョブス氏のことを思い出させてくれるのは生誕日よりも命日ではないでしょうか。 彼が亡くなった2011年10月5日の前日、10月4日はAppleのスペシャルイベントの開催日でした。彼は自宅のベッドに横たわりながら、初めてティム・クックCEOがステージ …

記事全文を見る>> 

Appleの幹部、賞与としてRSU(制限付き株)を取得、価値は1,900万ドル(約21億3,000万円)

Appleの幹部が、2014年に最初に授与されたRSU(制限付き株)の権利が確定し、株式を所与として取得しました。その価値は1人当たり1,900万ドル(21億3,000万円)です。(RSUはストックオプションとは異なります) RSUを支給されたのは、Luca Maestri、Craig Federi …

記事全文を見る>> 

Vanity Fair誌、2017年版のエスタブリッシュメントリストを発表!クックCEOは3位

米Vanity Fair誌が、2017年版のエスタブリッシュメントリストを発表しました。 Appleのティム・クックCEOは、昨年の11位から3位に上昇し、幹部のエディー・キュー氏は、54位から73位に落ちました。 クック氏の順位が上昇した理由は、企業を30億ドルの企業へと成長させたことや、教育での …

記事全文を見る>> 

Appleの業績好調により、ティム・クックCEOは約4,400万ドル(約49億円)のボーナスを取得する見込み

Appleのティム・クックCEOには、業績によって株式でのボーナス、280,000株が支給されるという、いわゆるストックオプション契約があります。 基準は、過去3年間の株主総利回り(Total Shareholders Return)について、S&Pの500企業との比較で上位から3分の2以内に3年間 …

記事全文を見る>> 

ティム・クックCEO、中国のVPNアプリ規制に対して緩和を期待するが、法律は守ると発言

ティム・クックCEOは、本日の2017年度第3四半期の決算発表で、「中国のVPNアプリケーション規制」について質問されました。 Appleは、中国政府の規制とApp Storeからの削除要請に基づき、匿名の通信が可能なVPNアプリケーションについて7月末に削除を行いました。 Appleは、アプリ開発 …

記事全文を見る>>