Apple、iOS 16.0.2を公開、iPhone 14 Proカメラの振動、コピー&ペーストの問題などのバグを修正

Appleは本日、iOS 16.0.2をリリースし、iPhone 14の所有者が新しいデバイスの発売以来経験してきた多くのバグに対処しました。iOS 16.0.2は、iOS 16 の発売から2週間後にリリースされ、iOS 16.0.1に続くもので、発売日にiPhone 14の所有者が利用できるアップデートです。このアップデートは、 iOS 16を実行できるすべての iPhone で利用できます。

Appleのリリースノートによると、iOS 16.0.2は、「iPhone 14」モデルやiOS 16を実行している他のiPhoneに影響を与えてきた多くのバグに対処しています。サードパーティのカメラ アプリでカメラが振動したり揺れたりする問題に対処し、コピー&ペーストのポップアップが繰り返し表示されるバグを修正し、セットアップ中にディスプレイが黒く表示される問題を解決します。

また、ディスプレイを交換した一部のiPhone X、XR、および「iPhone」11 モデルが「iOS 16」にアップデートした後に応答しなくなる問題も修正されます。このアップデートに関する Apple のリリース ノートは次のとおりです。

  • Phone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxで一部の他社製Appを使用して撮影するとカメラが振動して写真がぼやけることがある問題
  • デバイスの設定中に画面全体が黒くなることがある問題
  • App間でコピー&ペーストすると、許可を求めるプロンプトが想定より多く表示されることがある問題
  • 再起動後にVoiceOverが使用できないことがある問題
  • 一部の修理済みのiPhone X、iPhone XR、およびiPhone 11の画面でタッチ入力が反応しなかった問題に対処

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

これらのバグはすべて、新しい iPhone が発売された直後に発見されました。カメラの振動の問題は、Snapchat、TikTok、Instagram などのアプリでビデオを撮影しているときに、背面カメラが制御不能に揺れる深刻なバグの 1 つです。標準のカメラ アプリは影響を受けず、これまで回避策や修正はありませんでした。

コピー&ペーストのバグについては、Appleは先週、正常な動作ではないことを確認しました。アプリは、貼り付けを試行するたびにクリップボードへのアクセス許可を求めることは想定されておらず、この問題は iOS 16.1 ベータ版で既に解決されています。

Appleはすでに iOS 16.1 に取り組んでおり、これは 10 月に iPadOS 16.1 とともにリリースされる予定です。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月23日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。