宇宙飛行士が中から宇宙を覗くクールなキューポラモジュール(動画あり)

国際宇宙ステーションのキューポラモジュール(宇宙ステーションのドーム状に飛び出した部分)は、7 つの窓 (側面に 6 つ、上部に 1 つ) から地球とその向こうの最高の景色を眺めることができる設備ため、宇宙飛行士の間で人気があります。NASA が「世界への窓」と呼んでいるのはそのためです。

ここ大地にいる私たちは、宇宙飛行士がキューポラモジュールから外を眺めながらカメラでスナップする見事な地球の画像のいくつかにしばしば扱われますが、モジュールを振り返っている写真を見ることはめったにありません.

しかし最近、NASA はそのようなショットを共有し、宇宙ステーションの乗組員であるボブ・ハインズ氏とジェシカ・ワトキンス氏がキューポラモジュールから顔をのぞかせている楽しい画像 を公開しました。

角度から判断して、昨年撮影された別の画像と比較すると、この写真は、2021年7 月に宇宙ステーションに到着したロシアのナウカモジュールの内部から撮影されたものと思われます。

キューポラモジュールの窓を小さな隕石やスペースデブリから保護する外部シャッターの存在に注意してください。キューポラモジュールが使用されていないときに所定の位置に移動するシャッターは、太陽放射がキューポラモジュールを加熱するのを防ぎ、同時に内部の熱が逃げるのを防ぎます。下のビデオでシャッターの動作を確認できます。

キューポラモジュールを内側から見るには、2015 年のこの画像をチェックしてください。NASA の元宇宙飛行士であるテリー ヴァーツが太陽の光から目を保護するために眼鏡をかけています。

ハインズ氏とワトキンス氏は4月から宇宙ステーションに滞在しており、10月には SpaceXのCrew Dragon宇宙船に乗って帰国する予定です。軌道上の前哨基地にいる間、2 人は他の乗組員と協力して多くの科学実験を行い、船外活動を支援し、さまざまな宇宙船の到着と出発を管理してきました。

ここでキューポラモジュールも重要な役割を果たします。このキューポラモジュールには、ステーションのロボットアームであるカナダアーム2の制御装置が含まれているため、 訪問する宇宙船を安全にドッキングするためにキャッチする必要がある場合があります。

(via digitaltrends

Last Updated on 2022年9月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。