iOS 16.1ベータ版では、ReachabilityをiPhone 14 ProのDynamic Islandと統合

iOS 16の現在の安定版リリースでは、Dynamic IslandはReachabilityで位置を変更しませんが、iOS 16.1の最初のベータ版でより自然な形に変更されました。

片手で iPhoneを縦向きに使用している場合、Reachability を使用して画面の上半分を下げて、親指が届きやすいようにすることができます。これは、特にホームボタンの削除により、iPhone の画面が長年にわたって大きくなったため、Appleが大きく依存してきた機能です。

iOS 16では、iPhone 14 Proで到達可能性を有効にすると、通常どおり画面の上半分が低くなります。ただし、Dynamic Islandはディスプレイの上部にとどまります。

TwitterのTech-Upが指摘したように、この動作は変更され、Dynamic IslandはReachabilityと統合されるようになりました。

そのため、Reachability を有効にすると、Dynamic Islandも予想どおり画面の途中まで移動します。これは、6.7 インチのディスプレイと上部にあるダイナミック アイランド i を特徴とする iPhone 14 Pro Maxで特に便利です。

[設定] > [アクセシビリティ] > [タッチ] に移動し、[簡易アクセス] をオンにします。

画面の上半分を下げるには、次のいずれかを実行します。

Face ID を搭載した iPhone の場合、画面の下端を下にスワイプします。
ホームボタンのある iPhone の場合、ホームボタンを軽くダブルタップします。
全画面に戻るには、画面の上半分をタップします。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月17日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。