自信を持ってリーダーになるための4つの方法

リーダーシップは、抽象的に話すのは簡単で興味深いものです。将軍、大統領、フォーチュン100社の CEOなどの著名なリーダーの話を読んで、大胆な発言をし、危機を巧みに乗り切り、人々を行動に駆り立てました。そして、私たちは彼らを賞賛します。

私たちは、リーダーシップがどのようなものであるべきか、どのような場合に強力で明確な指導と方向性が求められるかについて、ほとんどロマンチックな考えを持っています.

しかし、私たちのほとんどは、部門を率いる、新製品を開発する、またはチームを同じページに集めて作業計画を実行するなど、さまざまな方法でリードするよう求められています。

私たちは、毎日ではないにしても、毎週、リーダーシップの課題に直面しています。そして、私たちが戦場やニュースに出ていないという理由だけで、人、お金、時間がかかっているため、これらの課題は依然として私たちにとって大きな賭けです。私たちの仕事は、これらの貴重なリソースを最大限に活用することであり、それをうまく活用したいと考えています。

リーダーとしての自信はなかなか得られないものです。あなたは自信を持ちたいと思っていますが、非常に多くの変数があると確信を持てなくなります。

あなたのリーダーシップの決定や行動が望ましい結果を達成しない場合、または否定的な反応を引き出す場合にも、自信は打撃を受けます。頭をぐるぐる回し、自分自身を推測し、責任と後悔に立ち向かい、最終的に戻って、何がうまくいかなかったのか、どのように改善するのかを理解することができます。

では、あなたが今挑戦の真っ只中にいるのか、それが必然的にやってくることを知っているのかに関わらず、自信を持てるようにするにはどうすればよいでしょうか?

1. 自分にとってリーダーシップとは何かを定義する
リーダーシップとは何かについての理解と定義を深めます。業界の幹部による伝記や記事を読み理解しようとするかもしれません。過去の経験を振り返り、リーダーシップの良し悪しを観察した回数を記録することができます。
画一的な定義はありません。リーダーシップのスタイルは個人的なものであり、あなたの価値観と強みを反映しています。それらが何であるかを明確にしてください。

2. 自分の強みをよりよく理解する
自分の強みに特に焦点を当てて、自己認識を構築します。これは、単にフィードバックを求めて聞くことから始まります。あなたの人生のさまざまな役割や時期からあなたを知っているさまざまな人々に尋ねてください。共通のテーマはありますか?
たとえば、意思決定を行う際に思慮深く熟慮していますか?
それとも、機敏で、直感を使って迅速に対応できますか?

3. 他の人が成功するのを助ける
リーダーシップのスキルと自信を構築するとき、自分自身に集中するという罠に陥りがちです。他の人の成功を支援することは、リーダーシップを発揮し、自分にとって何が効果的かを学び、他の人をサポートするための優れた生産的な方法です。
ただし、他の人を助けるには、彼らが何を望んでいるか、または必要としているかについて、事前に話し合う必要があります。リーダーは、最初にメンバーを関与させずに、チームメンバーに自分自身を押し付けることはできません。

4. 他のリーダーのネットワークを作る
開発のすべての段階で他のリーダーのネットワークを構築します。自信を高め、リーダーとしての強いアイデンティティを築くためにできる最も有益なことの1つは、同じことをしている他の人々に囲まれることです。
あなたのすぐ近くのサークルを見てください。リーダーの同僚や友人を軽視している場合は、同じタイプの問題に直面している人々との交流にもっと時間を費やす方法を検討してください。それらに対処する方法について具体的なアイデアが得られるだけでなく、考え方を変えて向上させることもできます。

私たちは、これらのリーダーシップモデルで日常の自分を理解していないため、教訓を実際的なものに変換するのは難しい場合があります。私たちは、私たちの世話をする人、お金、時間の熟練した責任あるスチュワードになるために、具体的で意図的な行動を取らなければなりません。これらの4つのステップを実行することで、リーダーとしての管理能力と優れた能力をすばやく高めることができます。

(via INC

Last Updated on 2022年9月15日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。