Apple、iPhone 14モデル向けに、バグ修正を含むiOS 16アップデート用意

Appleによると、今週の金曜日から顧客に到着するiPhone 1モデルには、バグ修正を含む初日のソフトウェアアップデートが用意されています.

「このアップデートは、iPhoneのバグ修正を提供し、iPhone 14 Pro Maxで横向きにズームすると一部の写真がぼやけて見える問題に対処します」と、@AppleSWUpdates が共有するアップデートに関するApple のリリース ノートは述べています。

このアップデートは、今週金曜日に発売されるすべての iPhone 14モデルで利用可能になり、他の iPhoneモデル向けに今週初めにリリースされたビルド番号20A362のiOS 16の最終バージョンを単に表しています。Apple の iPhone 14モデルの最初のバッチには、iOS 16の以前のビルドが搭載されているため、アップデートがすぐに利用できるようになります。

Appleは iPhone 14 Plus 用のこのアップデートもプッシュしたようですが、そのデバイスは10月7 日まで起動しません。iPhone 14 Plusがリリースされるまでに、新しい iOS 16 アップデートが利用可能になる可能性があります。

Appleは、数か月にわたるベータ テストを経て、月曜日にiOS 16を一般に公開しました。主な新機能には、高度にカスタマイズ可能なロック画面、iMessage を一時的に編集または送信解除する機能、フォーカスモードの改善などが含まれます。無料のソフトウェア アップデートは、iPhone 8以降と互換性があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年9月14日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。