Appleの撤退にもかかわらず、iPhone 14はロシアで販売される

Appleが3月、ロシアにおいて、ウクライナ侵攻を理由に新製品の販売を中止したにもかかわらず、ロシア人はiPhone 14の出荷時に購入することができます。

他の多くの企業と同様に、Apple は、ロシアによるウクライナへの継続的な侵略を受けて、3 月にロシアから撤退しました。Apple Payなどのサービスはこの地域では使用できませんし、Appleは国内の販売チャネルへの製品の輸出も停止しました。

ただし、AppleはiPhone 14をロシア自体に出荷する予定はありませんが、同国の潜在的な顧客には最新のスマートフォンを手に入れるチャンスがあります。

ロシアには、小売業者が商標所有者の許可を必要とせずに海外から製品を輸入することを許可する制度が整っており、政府高官は、iPhone 14がこのプログラムの対象になることを確認した、とロイターは報じている 。

最新モデルは、Apple が調達した公式の輸入品ではないにもかかわらず、すでに国内で販売されています。
キャリア MTS は木曜日の朝に予約注文を開始し、128 GB の iPhone 14は 84,990 ルーブル (1,398 ドル) から始まりました。ただし、MTSは、注文の配達が完了するまでに最大120日かかる可能性があり、国への輸入に問題がある場合は注文をキャンセルする可能性があると注意喚起をしました。

(via Appleinsider

Last Updated on 2022年9月12日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。