来年のiPhone 15、標準モデルとProモデルの機能差が大きくなる見込み

iPhone 14は iPhone 13と同じように見え、同じチップを使用しています。一方、Appleは iPhone 14 ProとPro Max に多くの主要な機能、デザインの変更、およびアップグレードを導入しました。

TF International Securities のアナリスト Ming-Chi Kuo氏によると、これはほんの始まりにすぎません。Kuo氏は、来年のiPhone 15では、標準のiPhoneモデルとProモデルの間の機能のギャップがさらに顕著になる可能性があると考えています.

Kuo氏によると、将来的には標準モデルとProモデルの間で「さらなる差別化」が見られると予想します。 Appleの目標は、出荷する Pro モデルの割り当てを増やすことです。これにより、iPhoneラインナップの平均販売価格が上昇します。

フォローアップのツイートで、Kuo氏はまた、Apple が Proと Pro Maxを差別化するためにさらに多くのことを行うだろうと述べた. 同社がこれをどのように達成する予定かは不明です。おそらくiPhone 15 Pro Maxは、噂の潜望鏡レンズを搭載した唯一のモデルになるでしょう。

Kuo氏は以前、Appleが発注した注文の 85%が iPhone 14 Proおよび iPhone 14 Pro Maxモデルであると主張していました。Appleは、この秋にProモデルが標準モデルを大幅に上回ると予想していることは明らかです。結局のところ、新しいダイナミックアイランドを体験する唯一の方法はProモデルです。

Kuo氏は、Apple が携帯電話をセグメント化する理戦略についても次のように説明しています。
「ハードウェアのイノベーションはより困難になり、市場は成熟しました。Android 陣営は、ブランド価値とエコシステムの不利な点により、依然としてハイエンド市場でAppleに脅威を与えていません」

(via BGR

Last Updated on 2022年9月19日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。