米海軍は、公開した未確認航空現象 (UAP) のビデオ以外にもビデオの存在を認めているが、公開する予定はない!

画像ソース:米国防総省

米海軍は、未確認飛行物体 (UFO) の未確認のビデオ、または国防総省 (DOD) が好む未確認航空現象 (UAP) のビデオを保持していますが、「国家安全保障に害を及ぼす」ため、その映像を公に公開することはありません。 」と海軍のスポークスパーソン9月7日に応答書簡で述べました。

これは、政府の透明性サイである The Black Vault によって提出された情報公開法 (FOIA) の要求に応えて行われたものです。Black Vaultは以前、FOIA 要求を通じて受け取った数千ページのUFO関連文書をCIAやその他の政府機関に共有してきました。

Black Vaultは2020年4月にFOIAの要求を米海軍に提出しました。これは、一見不可能な方法で移動するハイテク航空機を示す、海軍パイロットによって撮影された3 つの有名なビデオを海軍が機密解除したわずか1日後のことです。

Black Vaultは、海軍がUAPに関連する他のすべてのビデオを引き渡すよう要求しました。

2 年以上後、政府は、UAPのビデオが他にも存在することを確認し、国家安全保障上の懸念からそれらを引き渡す要求を拒否したという書簡で対応しました。

「この情報の公開は、敵対者に国防総省/海軍の作戦、脆弱性、および/または能力に関する貴重な情報を提供する可能性があるため、国家安全保障に害を及ぼすだろう」と海軍のFOIAオフィスの副局長であるグレゴリー・ケーソン氏は応答書簡に書きました。

ケーソン氏は、海軍が2020年4月に公開された 3 つのUAP ビデオの機密を解除できたのは、これらのビデオが以前にメディアにリークされ、すでに「パブリック ドメインで広く議論されていた」ためであると付け加えました。

それにより海軍は、「国家安全保障にさらなる損害を与えることなく」映像を公式に公開することが可能であると判断しました。
興味深いことに、The Black Vaultの要求に応えて、海軍は追加のUAP ビデオの存在を隠蔽しようとはしませんでした。

海軍のアーカイブには、不可解な UFO との遭遇のビデオが他にもあることは明らかですが、それらが何をどのように描写しているかは、今のところ謎のままです。
ただし、米軍が UAP の潜在的な脅威を非常に深刻に受け止めていることは明らかです。

2022年5月、国防総省は 1960年代以来初めての UFOに関する公聴会を開催しました。公聴会では主に、2004 年以降、米海軍のパイロットが144 件の UAPの目撃情報を報告したことを明らかにしました。

最近では、国防総省は、米陸軍、海軍、空軍によるUFO 目撃報告の管理に特化した新しいオフィスを開設するために、連邦政府の資金を受け取ると発表しました。

(via Science Alert

Last Updated on 2022年9月11日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。