iPhone 14 ProのカメラレンズはiPhone 13 Proよりもかなり大きいサイズ

iPhone 14 Proのカメラバンプ(突起)がiPhone 13 Proよりもはるかに大きいのは、 レンズが大きいことが主な原因のようです。

カメラバンプは、iPhone のよく知られたデザイン要素であり、かさばるカメラ センサーコンポーネントをスリムなボディに収納するために使用されます。iPhone 14 Proの場合、バンプとそれが保持するレンズはiPhone 13に比べてサイズが大きくなる可能性があるようです.

リーカー「Yeux1122」によってネイバーにリークされた写真は、iPhone 14 Proのケースと言われているものの中に入れられたiPhone 13 Proを示しています。画像ではっきりとわかるのは、カメラバンプのサイズの違いです。

よく調べてみると、レンズの3つすべて、LiDARセンサー、およびフラッシュがモデル間でわずかにずれており、ケースのバージョンがより離れていることがわかります。本物の場合、これはカメラの隆起全体がわずかに大きくなっていることを示しています。

同時にレンズ用のケース内のスペースもiPhone 13 Proで使用されているバージョンよりもはるかに大きく、カメラセクションの周りにかなりのギャップがあります. これは、モデルでより大きなレンズが使用されていることを示している可能性があり、さらに大きなセンサーも使用されている可能性があります。

Appleは、以前の12メガピクセルセンサーの使用から、最上位モデルに48メガピクセルのカメラセンサーを含めると噂されています。カメラの突起を取り除くという憶測もありましたが、他の人は、突起がはるかに大きなコンポーネントを含むために残っていると主張しています.

(via Appleinsider

Last Updated on 2022年9月6日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。