「2 x 3ルール」によって、1 週間以内に朝型人間になる方法

幸いなことに、朝型人間になることはそれほど難しいことではありません。目を覚ましてベッドから出なければならない部分を除いては。

ただ、ルールがあって、それを守れば1週間もしないうちに朝型になれます。ルールは簡単です。朝、3 分間隔で 2 つのアラームを設定します。これを 2 x 3 ルールと呼びます。

なぜこれが機能するのかはすぐに説明しますが、最初に、知っておくべき重要なことがいくつかあります。2番目のアラームは、実際に起床する必要がある時間に設定する必要があります。

1時間の間にいくつかのアラームを設定する必要はもうありません。アラームが鳴るたびに、起きなくていいことがわかっていると、起きなくなります。代わりに、目覚ましを 2つセットしてから起きてください。

また、スヌーズを押すのをやめてください。うまくいきません。9 分間のスヌーズ(ずっとスヌーズを続ければよい)が、ベッドから起き上がるのに役立つと考えた人は誰であれ、それは間違いでした。アラームの音に悩まされて横になっているだけで、実際には起きません。

最後に、スマートフォンを使用している場合 (ほとんどの人がそうです)、2つのアラームを異なる音で設定します。時間が経つにつれて、私たちの脳はアラームの音に慣れていき、反射的に手を伸ばしてアラームをオフにすることができるようになります.

2 x 3 のルールが機能する理由は、いつでも起きられるようにするのではなく、特定の時間に起きるように脳を調整しているためです。最初のアラームは、深い眠りを破るのに役立ちます。その時は起きられませんが、3分後に 2番目のアラームが鳴ると、完全に眠りに落ちることはなく、起きやすくなります。

そのため、起きると決めた時間に 2つ目のアラームを設定します。その部分は重要です。起きたいと思う前に設定しないでください。重要なのは、アラームが鳴ったときに本当に起きなければならないことを脳が認識していることです。

明らかに、カフェインを遅い時間に摂取しないなど、早起きに役立つことは他にもあります。実際、早起きの鍵は前夜から始まります。7時間から9 時間の睡眠を取れるように、十分に早く就寝することが最初のステップです。

また、体をリラックスさせる夜間の日課を作ることも役に立ちます。次に、起床を決めた時刻に2つのアラームを設定すると、睡眠サイクルを再訓練するのに役立ちます。1 週間試してみると、朝の生産性に驚くかもしれません。

(via INC

Last Updated on 2022年9月4日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。