USB 4バージョン 2.0搭載のiPhone 15は、非常に魅力的なデバイスになる可能性

USB プロモーターグループは、USB-Cで最大80 GBps のデータ パフォーマンスを実現するメジャー アップデートであるUSB4バージョン 2.0 仕様を発表しました。このニュースは、Apple が次期 iPhone 15シリーズでこのテクノロジーに切り替えると噂されている時期にもたらされました。

欧州連合は、 Appleと他のすべてのテクノロジー企業が 2024 年から自社製品で USB-C を必須にする必要があると述べていますが、それも良いことです。間もなく、ユーザーはより高速な転送速度を利用できるようになると聞いています。

USB プロモーターグループの会長であるブラッド サンダース (Brad Saunders) は、次のように述べています。「この速度向上の恩恵を最も受けているソリューションには、より高性能なディスプレイ、ストレージ、USB ベースのハブとドックが含まれます。」

USB4 ソリューションには、既存の40Gbps USB-Cパッシブ ケーブルと新たに定義された 80Gbps USB-Cアクティブ ケーブルを使用した新しい物理層構造に基づく、USB-Cを介した最大80 Gbpsのデータパフォーマンスの他に、次の機能が含まれます。 :

  • 利用可能な帯域幅の増加をより有効に利用するためのデータおよび表示プロトコルの更新。
  • USB データアーキテクチャの更新により、USB 3.2 データトンネリングが20Gbpsを超えるようになる。
  • DisplayPort および PCIe仕様の最新バージョンに合わせて更新。
  • USB4バージョン 1.0、USB 3.2、USB 2.0、および Thunderbolt 3との下位互換性。

これらの仕様の更新はすべて、11月にシアトルで開始される今年の一連の USB DevDays開発者イベント計画に先立って公開される予定です。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年9月19日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。