AIが米コロラド州のフェアアートコンテストで優勝し、人間を悩ませている

画像ソース:ジェイソン・アレン(入賞作品、Théåtre D’opéra Spatial)

ジェイソン アレンという名前の合成メディアアーティストがAI で生成されたアートワークをコロラド州フェアのファインアーツコンペティションに提出し、先週、デジタル アート/デジタル操作された写真部門で優勝したことを発表しました。

アレンはMidjourney (Discord サーバーから入手できる商用画像合成モデル) を使用して、一連の 3 つの画像を作成しました。その後、彼はそれらをアップスケールし、キャンバスに印刷し、8月初旬にコンペに提出しました。嬉しいことに、画像の 1 つ ( Théåtre D’opéra Spatialというタイトル) が最優秀賞を獲得し、金曜日に Midjourney Discord サーバーに勝利について投稿しました。

アレンの勝利により、Twitter、Reddit、Midjourney Discordサーバーで、アートの性質とアーティストであることの意味について活発な議論が行われました。AI のおかげで人間の芸術性は失われ、すべての芸術家は機械に取って代わられる運命にあると考える人もいます。

また、音楽におけるシンセサイザーを例に挙げて、アートは新しいテクノロジーとともに進化し、適応すると考える人もいます。Wiredが 7 月に取り上げた熱い議論です。

アレンが画像合成の使用について審査員に伝えたかどうかは明らかではないため、一部のTwitter ユーザーが審査員に連絡し、彼らが知らなかったことを確認したと伝えられていま.。興味深いことに、この芸術は人間の芸術家をだますのに十分なほど優れていると考えられており、Twitter の誰かが、「AI アートは芸術かどうか」という議論に決着がついたと冗談を言っていました。

1800年代のカメラの発明は、写真の媒体に関連する同様の批判を引き起こしたことは注目に値します。なぜなら、アーティストがブラシや鉛筆を使って手作業でアートワークを作成するのに比べて、カメラがすべての作業を行っているように見えるからです。カラー写真の出現により、画家は永遠に時代遅れになるのではないかと懸念する人もいました。一部のアプリケーションでは、写真がより骨の折れるイラスト方法 (彫刻など) に取って代わりましたが、人間の美術画家は今日でも存在しています。

現在の状態の画像合成ツールは、目覚ましい結果を得るために高度な人間の指導とチェリーピッキング(都合のよい根拠だけを選び取ること)を必要としますが、この分野は急速に進化しており、常にそうであるとは限りません. それでも、新しいアートツールが登場する限り、「アートか?」議論する人がいる限り、議論は続くでしょう。

(via Arts Technica

Last Updated on 2022年9月2日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。