Kuo氏、iPhone 14 Proは、低照度感度が向上した新しい超広角カメラを搭載

日本時間の9月8日(木)午前2時からのスペシャルイベントで発表されるAppleのiPhone 14シリーズの中の「Pro」モデルには、より大きなセンサーを備えた新しい超広角カメラが搭載され、低照度感度が向上しますが、この技術には大幅なコスト増が伴うと、アナリスト Ming-Chi Kuo 氏は予測しています。 .

Kuo氏は最新のツイートで、iPhone 14 Proの 2 つのモデルには、前世代のProモデルに比べてピクセルが1.4µm大きい超広角センサーが搭載されると述べています。参考までに、iPhone 12 Pro および iPhone 13 Proモデルはすべて1.0µm ピクセルのピッチです。

実際には、ピクセルサイズが大きくなると、光の取り込みが改善され、低照度画像のノイズが減少するはずですが、組み合わせたコンポーネントのコスト、特にCMOSイメージ(CIS)センサー、ボイスコイルモーター(VCM)、コンパクトカメラモジュール(CCM) ) など、以前のモデルで使用されていたコンポーネントよりも最大70%高価になります。

Kuo氏によると、部品サプライヤーのソニー (CIS)、ミネベア (最初の VCM サプライヤー)、ラーガン (2 番目のサプライヤー)、LG イノテック (CCM) は、iPhone 14 Pro(Max)とiPhone 14 の超広角カメラのアップグレードの「大きな受益者」になると考えられます。

クオ氏は以前、iPhone 13 Proと Pro Maxで使用されている現在の 12メガピクセルの広角カメラに代わる、ソニー製の48 メガピクセルの広角カメラを含む、iPhone 14 Pro デバイスのカメラ システムの大幅な改善を期待していると述べていました。

メガピクセル数が増えると、広角カメラのピクセルは小さくなり、1.22µmとなり、前世代のモデルと比較して 0.68µm 減少します。Apple が「Focus Pixels」と呼んでいるのと同じデュアル ピクセル オートフォーカスシステムを搭載し、最大60 フレーム/秒で16:9 のビデオを録画できます。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月30日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。