Intel Arc A380 GPUで暗号通貨をマイニングするのは非効率なことが判明

画像ソース:Red Panda Mining

暗号通貨マイニング ソフトウェアNanominerの開発元であるNanopoolは、 IntelのArc A380 グラフィックスカードのサポートを開始しました。仮想通貨マイニングのYouTube チャンネルであるRed Panda Miningは、Intelの dGPU でのデジタル通貨マイニングを示して、この新しい開発を実演しました。

Intel Arc A380は、平均電力 75 ワットを消費しながら、最適化やブーストなしで公称10.2 MH/秒のハッシュ レートを生成できます。これらの数値は、マイニング目的では非常に低く、NVIDIA GTX 1660 GPU にかなり劣っています。Intel Arc A380 のメモ バスは、96ビットと8つのXe-Coreのみに対応しています。

Intelのディスクリートグラフィックスカードは、各ワットあたり平均 0.136 MH/sしか生成できません。これは、マイニングに最も広く使用されている平均 0.38 MH/sを提供する GPU よりも 0.244 少ない値です。

WebサイトVideoCardzは、Intel Arc A380 はイーサリアムクラシック (ETC) のみをマイニングでき、イーサリアム (ETH) はマイニングできないと述べています。Intel Arc A380 の合計 VRAM はわずか6GB です。それでも、それが使用中の唯一の GPUまたはシステム上のプライマリGPUである場合、コンピューターのオペレーティング システムは DAGファイルに必要な大量のリソースを消費します。

(via wccftech

Last Updated on 2022年8月29日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。