[マネジメントの極意]リモートワークの成功要因は、同期と非同期を上手に使いこなすこと

画像ソース:loom

パンデミックの最中に誰もが最初にリモートワークに移行したとき、まるで世界がひっくり返ったかのようでした。しかし、ほとんどのチームが参加するのにそれほど時間はかかりませんでした。リーダーは予想よりもマイナス面が少ないことにすぐに気付き、従業員は自宅で仕事をするのがどれほど好きか (そして通勤が嫌いか) に気付きました。

しかし、ある時点で状況が変わりました。企業は、チームが実際に働いていないことを心配し始め、人々はより多くの時間を会議に費やすようになりました。その結果、多くのチームがオフィスにいるよりも長時間働き、燃え尽きてしまうようになりました。突然、リモートワークは以前ほど魅力的ではなくなりました。

リモート企業を7年以上経営してきた私たちは、他の誰もが最近経験したのと同じ浮き沈みを経験してきました。私に言わせれば、リモートワークを「機能させる」ための重要な要因は、同期通信と非同期通信をいつ使用するかについてチームとして調整することです。

ルールは単純です。同期 (現在) は意思決定を行うためのものであり、非同期 (後で) は情報を共有するためのものです。

初心者の場合、同期コミュニケーション (「同時に」を意味する) は、通常、電話と仮想または対面の会議に追いやられます。一方、非同期通信 (「同時にではない」という意味) は、電子メール、テキスト メッセージ、ビデオまたはオーディオ録音、およびSlackまたMicrosoft Teamsのメッセージで構成されます。

それぞれをいつ使用するかを知ることは、習得するのに何年もかかる可能性があるリモート チームにとって重要なスキルです。非同期通信が多すぎると、人々は孤立してループから外れていると感じます。同期的なコミュニケーションが多すぎると、全員が長時間の会議で時間を無駄にしています。私のチームと私は両方の極端な状況を経験してきましたが、どちらも同じようにひどいものです。

このルールは、チームにガードレールを作成するのに適した方法ですが、微妙な違いがあります。重要なのは、それぞれの利点を理解し、それらを組み合わせて使用​​することを学ぶことです。

元高頻度トレーダーとして、私は非同期通信の利点を金融におけるオプションに似ていると考えるのが好きです。オプションとは、将来の日付に将来の価格で何かを売買する権利を与える金融デリバティブですが、義務ではありません。オプションには選択肢があるため、本質的な価値があります。

いつ、どのように応答するかを選択できるため、非同期通信にも同じ本質的な価値があります。また、必要なだけの時間を費やすことができます。これは通常、より良く、より思慮深く、より簡潔なコミュニケーションにつながります。また、会議の回数が減り、時間の管理がしやすくなり、重要な仕事に集中したり、都合のよいときにメッセージに返信したりできるようになります。

これらの理由から、非同期通信は通常、リモート チームの既定の通信方法にする必要があります。
コミュニケーションを本当にレベルアップしたい場合は、これら2つの形式を組み合わせることができる機会を探し始めてください。

たとえば、毎週のマーケティング コールの最初の15分間をメトリクスのレポートに充てる場合、事前に非同期で行うことができます。各人は、Loom(クラウド画面録画サービス)を使用して、メトリクスを実行し、考えを述べる簡単なビデオを録画し、事前にチームに送信します。

これで、全員が会議の前に (1.5 倍または 2 倍の速度で非常に効率的に) 録画を見て、情報を得ることができます。その後、会議自体を 15分短縮するか、その時間をより有意義な議論に使用できます。

リモート企業でも対面企業でも、このような状況が数え切れないほどあることがわかりました。ほとんどの会議は、非同期で簡単にカバーできるトピックでいっぱいです。

これがボーナスのルールです。会議で誰かが情報を報告し、他の全員が聞いているだけ (または聞いていない) という状況が発生した場合は、次回は事前に非同期で行う必要があります。

(via Inc

Last Updated on 2022年8月13日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。