Safari(iOS・iPad版)で迷惑な「アプリで開く」のポップアップ表示をブロック!

iPhoneでWeb サイトにアクセスしたときに、Web サイトではなくアプリでコンテンツを表示するように促す迷惑なほぼフルスクリーンのポップアップが表示されたことがあります。

同機能のiOSアプリを公開している Webサイトでは、ユーザーに (既にアプリがインストールされている場合) 開くようにプッシュするか、App Storeからアプリをダウンロードして、表示しようとしているコンテンツを表示するように促すのが一般的です。ただし、これらのポップアップは通常、実際のコンテンツにかなり邪魔になり、標準以下のエクスペリエンスを作成するため、エンドユーザーにとっては非常に迷惑になる可能性があります.

ありがたいことに、iPhone およびiPadの Safari 内でこれらのポップアップをブロックする新しい方法があります。開発者の Alex Zamoshchin は、iOSおよび PadOS で実行できる「Banish」( Daring Fireball経由) と呼ばれる新しいSafari 拡張機能を作成し、特にこれらのポップアップを取り除くように設計されています。このアプリは 2 ドルで、人気のある Web バージョンのアプリでのポップアップの大部分を排除するのに役立ちますが、Safariの上部に表示され、現在のページをインストール済みのアプリで開くことを推奨する同様のバナーを取り除くことはできません。

Safari の上部にあるバナーは、Safari WebKit 自体に組み込まれているため、それらを取り除くには、デバイスからそれぞれのアプリをアンインストールする必要があります。代わりに、追放は、Webサイト自体に実装されているポップアップを取り除きます。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月6日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。