[月面基地]ムーンベースを作る場所はここだ!


画像ソース: ICON/SEArch+(将来の月面基地ネットワークのコンセプトアート)

通常、月の表面は日中に華氏126度以上に達します。その後、夜は摂氏マイナス138度まで冷え込みます。しかし、調査によると、いくつかの月の穴は摂氏17度前後にとどまり、必要な要素からの安全を提供します。

これらの安定した温度は、可能性のあるムーンベースのコロニーに追加の保護を提供する可能性があります. さらに、人間がそれを保護できる洞窟やその他の地層へのアクセスは、そのような穴の内で見つかる場合があります。月の表面に月のコロニーを作るとしたら、そのようなピット内にそれを構築することは、激しい温度から保護するのに役立つことが証明されるかもしれません.


画像ソース:NASA

2009年に初めて月に穴を発見しました。それ以来、科学者たちは長い間、穴が洞窟や地下構造につながるのではないかと考えてきました。確かなことは言えませんが、この新しい研究は、月の他の表面領域よりも温度がはるかに安定していることを証明しています。

NASA は、数年以内に人類を月に送り返すことをすでに計画しています。しかし、長期にわたる月のコロニーを作ることができれば、驚くべきことです。さらに、そうすることで、月とその表面を研究するための新しい扉を開くことができます。

低重力が人間に及ぼす長期的な影響をテストできるだけでなく、人工重力の作成においていくつかの突破口を開くことができるかもしれません。それは、月や火星のような場所の低重力が人体に及ぼす可能性のある長期的な影響と戦うのに役立ちます。

さらに、月のコロニーを構築することで、月の土壌で植物を育てる現場でのテストを改善できる可能性があります。通常は順応していない場所で植物を育てることは、宇宙探査と植民地化にとって大きなブレークスルーとなるでしょう。研究者は、ジャーナルGeophysical Research Lettersで調査結果を発表しました。

(via BGR

Last Updated on 2022年8月5日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。