米データ復旧会社、世界初のApple M1データ復旧との主張!?

カリフォルニア州のデータ復旧会社DriveSaversは、暗号化されているものの深刻な損傷を受けたAppleコンピュータからのデータ復旧に初めて成功したと主張しています。それはM1およびT2チップセットを搭載しています。最近のプレスリリースでは、同社は、損傷したMacのチップを新しいボードに移植して、そこに保存されているデータにアクセスする方法を詳しく説明しています.

M1ながら独自のセキュリティを処理する T2 は、2018年から Intel Mac に組み込まれた iPhone 7 の A10 SoCのバリアントです。Touch IDサービスと Face IDサービスを提供し、SSDを暗号化し、セキュアブートを可能にします。

同社はその賭けをわずかにヘッジしています — 世界で最初に M1 データ復旧を達成する「かもしれない」と主張しているだけですが、謙虚さはそこで終わります. 「DriveSavers のデータ リカバリ エンジニアの才能と専門知識は比類のないものです」と、エンジニアリング ディレクターのマイク・コブ氏は語っています。

MacのSSD は、普通の人がドライバーで手に入れるのがかなり難しいからです。M1 Macのデータはデフォルトで暗号化されているだけでなく、SoC設計の一部として SSDコントローラーが M1 CPU 内に組み込まれています。つまり、そのチップが損傷した場合、侵入できない可能性があります。しかし、別の問題があります。これらのデバイスは高度なセキュリティプロトコルを採用しており、データにアクセスするにはロジック ボードを介して特定のコンポーネントを互いに接続したままにしておく必要があります。

「ロジック ボードには何千もの表面実装マイクロ コンポーネントがあり、Apple は暗号化されたデータにアクセスするために必要なものを難読化するために最善を尽くしました」 DriveSavers のプレス リリースは主張しています。同社は198 年以来これに取り組んでおり、Apple の人気のある携帯電話やタブレットを含む、損傷したフラッシュ メモリのコンポーネントを再接続するために必要なマイクロはんだ付け技術を開発するのに十分な時間がありました。

Google、Lucasfilm、NASA などの他のクライアントを持つDriveSavers は、明らかにデバイスに不注意であったと思われる著名人の数も多く、認定されたクラス 5のクリーンルームを運営しており、その中で侵襲的な操作を実行しています。今回の主張が真実であれば、損傷したMacに格納されたミッション クリティカルなデータを元に戻す方法を提供する可能性があちます。

(via tom’s Hardware

Last Updated on 2022年8月4日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。