最新のA16チップ搭載なしのエントリーモデルのiPhone 14でもスピードブアップが期待できる!


画像ソース:DS

信頼できるレポートによると、Appleは、iPhone 14シリーズのハイエンドモデルにはの最新のA16 チップを搭載しますが、エントリーモデルのiPhone 14には、iPhone 13シリーズに搭載されたA15が搭載されるとのことです。

しかし、これははiPhone 14が、iPhone 13よりも速くないという意味ではありません.同じA15チップを内蔵していても、スピードで優ることを照明するでしょう。

iPhone 13では、Apple は 5つの GPU コアを搭載した Pro モデルで A15のバージョンを使用し、非プロ モデルには 4つの GPU コアを搭載しました。非Proモデルのメモリは4GBがありましたが、Prモデルには6GBありました。私たちのテストでは、iPhone 13 Pro のグラフィックス パフォーマンスは iPhone 13 よりも約 20% 向上しました。

iPhone 14はiPhone 13 Proモデルと同じバージョンの A15 を使用すると予想されるため、追加の GPU コアと 2GB の RAM を取得します。これにより、iPhone は他のプロセスを遅くすることなく、より多くのメモリをメモリに保存できるようになるため、アプリの読み込みが速くなります。したがって、iPhone 14は iPhone 13 よりも優れたパフォーマンスを発揮するはずですが、必ずしも iPhone 13 Proよりも優れているとは限りません。

さらに、すべてのiPhone 14モデルはQualcommのX65 5Gモデムを使用する予定で、X60と比較して「新しい省電力技術により大幅に優れたパフォーマンス」をもたらします.

iPhone 14 Proの A16 チップほど印象的ではありませんが、iPhone 14はPro 以外 iPhone 13よりもかなりのパフォーマンス向上をもたらす可能性があり、魅力的なアップグレードになる可能性があります。

(via Macworld

Last Updated on 2022年8月2日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。