新しいビデオで公開されたiPhone 14 Proの常時表示ディスプレイ


今年の iPhone 14 ProとPro Maxには常時オンのディスプレイが搭載されるという噂は、しばらく前から出回っていました。Androidフォンでも同様のディスプレイを見てきましたが、Appleが新しい技術を採用したのはこれが初めてです。

AppleはiPhone 14 の噂を確認していませんが、Twitter投稿のの新しいビデオでは、iPhone 14 の常時表示ディスプレイが詳細に示されています。

新しいビデオは、ユーザー @appltrack のおかげで Twitter で共有されましました。ユーザーは元のビデオを9to5Macにクレジットしました。ビデオに基づくと、iPhone 14の常時表示ディスプレイは、Androidデバイスで見たバリエーションとは異なります。

iPhone 14 ProとPro Maxでは、画面全体を黒く塗りつぶして携帯電話の時計だけを表示する代わりに、壁紙の淡色バージョンも表示されます。
ディスプレイは大幅に暗くなりますが、設定したウィジェットとロック画面のエンティティは、暗くしても静止しているように見えます.。

最新の iOS 16 ベータ版で新しい壁紙のスリープ機能が注目されました。ベータ 4 で見られるコードに基づいて、システムの壁紙は「スリープ」機能を提供するようになりました。この機能は、iPhone 14 の常時表示モードに関連付けられているようです。コードは iOS 16 にありますが、すべての iPhone デバイスで利用できるわけではありません。

(via BGR)

Last Updated on 2022年8月2日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。