【ビジネスマインド】Appleに作れて、他のメーカーに作れないものは何か?

それはAppleのような研ぎ澄まされたデザインのデバイスやそれを便利に使えるようにするソフトウェアアとハードウェアに基づくブランド・イメージだ。

多くのメーカーが、便利の良いスマートフォンを安値で販売し、使いやすいアプリを開発している。
だが、それらを総合的にデザインし、販売、運用しているメーカーは、思いつかない。

Googelは、Androidを無償で公開し、マップや検索システムなど、様々なインターネットアプリをこれも無償で公開していて、ブランドイメージもそこそこだが、ハードウェアに弱く、ソフトとハードの統合ができていない。

マイクロソフトは、Windowsというビジネスシーンで超強力なOSとオフィスソフトを優勝で販あbしているが、Surfaceを除いて、これといったハードウェアはない。そのため、最近では、特異なビジネス分野のクラウドシステムに力を入れている。

Appleは、以上の二つの世界的な企業に比べて、ハードウェアに強く、ソフトウェアの技術力も年々向上している。さらに最近の強みとして、自社がデザインしたチップを台湾のTSMCに委託生産し、そのチップを自社ブランドのデバイスに搭載し、性能面で他社に差をつけている。

Appleとそれ以外の企業差は何なのだろうか。
Appleの株価は高く、研究に投資できる潤沢な現金も持っている。でも、それだけではない。
やはり、会社を動かすのは、強い基本理念だ。

だが、不思議なことにAppleには、言葉にした基本理念はかかげらていない。
なぜかと言えば、創業者のスティーブ・ジョブズの考え方こそが、Appleの理念でありDNAとなっている。

Appleの特徴として、まったく新しい製品を開発するときには市場調査は行わない。理由は簡単なことで。それまでにない製品を作るのに市場の意見を聞いても仕方がないというものだ。もちろん、既存の市販製品についての市場調査は行っているはずだ。それをもtって製品のマイナーチェンジを行うのが合理的だからだ。

では、なぜ、Appleだけが、世の中の注目を浴びるiPod、iPhone、iPadなどの新製品を生むことができたのだろうか。おそらく、それは最終的なイメージを想定し、そこへ実際の製品やソフトウェアを構築していく力が、AppleのDNAに組み込まれいているのだ。

例えばCPUに関しては、10年以上もかかって、armアーキテクチャーをベースに自社チップを開発・生産し、ついにはiPhoneやiPad用(Aシリーズ)だけではなく、高性能なMacにも搭載(Mシリーズ)できるまでにチップを進化させてきた。
それによって、チップ業界の覇者であったIntelとの関係も気にする必要が無くなった。

Appleが自社チップにこだわった多くな理由は、Appleが販売するデバイスの心臓部を外部のIntelに頼っていると、どうしてもIntelの製品サイクルにAppleの新s寧品開発が縛られてしまうことにあったようだ。

自社の製品の品質を高め、自らの製品の開発ペースを守るためには、心臓部のCPUまで自社開発し、それもIntelを超えるチップを生産してしまうという、その企業マインドには脱帽するしかない。

M林檎

 

Last Updated on 2022年7月23日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。