【宇宙サイエンス】強力な太陽フレアが地球に向かっているため、宇宙気象の専門家がその影響を警告

宇宙気象の専門家は、激しい太陽嵐が直接地球に向かっていると言います。Space Weather Womanという名前で呼ばれるタミサ・スコフ博士は、7月16日(米時間)に地球に向かう太陽嵐の警告についてツイートを共有しました。太陽嵐はの7月19日火曜日(米時間)に地球を襲うと予想されており、無線への強い影響を引き起こす可能性があります。

スコフ博士は、太陽のフレアはヘビと非常によく似た形をしており、彼女が共有した次のツイートでフィラメントを見ることができると述べています
。現在、NASAの公式チャンネルにはこの特定の噴火についての言及はないようです。ただし、スコフ博士は以前、NASA、Weather Channel、PopSci、およびその他のいくつかのチャネルやアウトレットと協力してきました。

地球に向かう太陽嵐は地球の磁場と直接相互作用すると予想されるため、アマチュア無線とGPSのユーザーは、地球の夜側で信号が途絶えることを予期する必要があります、とスコフ博士は述べています。また、オーロラの存在感も強くなります。そのため、スカイウォッチャーは火曜日にこれらの現象を検索するために追加の時間を確保することをお勧めします。

これは、ここ数週間で太陽を揺さぶった太陽の噴火の長い列の中で最新のものです。11年周期で動作する太陽は、現在その周期のピークに達しています。その結果、太陽の噴火の数が増加しました。その増加に伴い、これらの太陽の噴火が地球に向かう太陽嵐を引き起こす可能性がさらに高くなります。

残念ながら、フレアが地球の磁場に当たったときに、どのような規模の問題が発生する可能性があるかを判断するのは困難です。これらの太陽嵐には強いエネルギーが含まれているため、現在軌道上にある多くの衛星で問題を引き起こす可能性もあります。

最近、これも発生しています。今年初めに地球を襲った太陽嵐により、ロシアのロケットブースターの残骸がより速く軌道から外れました。ブースターは再び大気圏に入り、モンタナ上空に燃えるような縞を残しました。太陽活動が増加し続けるにつれて、今後数ヶ月でこのような事件が増える可能性があります。

(via BGR

Last Updated on 2022年7月19日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。